neolog

DTMなど音楽系記事を中心に様々なことについて書いていきます。

【高校生ブロガーが教える】学生(小学生・中学生・高校生)こそブログを書くべき理由 学生がブログを書くメリット

こんにちは、高校生ブロガーのneoです。

最近、学生のブロガーが増えてきています。

また、これからブログに挑戦する、やってみたいという学生も多いはずです。

そこで、今回の記事では、僕が思う「学生こそブログを書くべき理由」つまり、「学生がブログを書くメリット」について書いていきます。

 

文章力が上がる

ブログでは一記事あたり平均2000文字、少なくとも1000文字の文章を書きます。

ブログを始めたときに文章力がなく長い文章を書くのが苦手でも、何記事も長い記事を書いていく間に自然と文章力は上がっていきます。

ブログでつけた文章力は推薦入試や就活、就職後など、さまざまな場面で役に立ちます。

僕自身、ブログを始めた当時、文章を書くのが苦手でめちゃくちゃな記事を書いていました。

ですが、今では昔よりはるかにわかりやすい記事を書けるようになっています。

 

語彙力が上がる

ブログでは感じたことを読者に伝えること(レビュー記事、音楽系記事、日記など)がよくあります。

読者に、より伝わりやすい表現を探すことで、かなり語彙力が上がります。

僕は音楽系の記事(曲を紹介する記事)をよく書くのですが、その曲の良さを伝えるのにより良い言葉を探すので、たくさんの言葉を知り、かなり語彙力が上がったと感じます。

 

知識が深まる

ブログでは絶対に正しい情報を書かないといけません。

ですので、知識のあいまいな部分を調べなおすことで、知識を深めることができます。

また、検索などで得た知識を自分の言葉で表現しなおすので、理解を深められます。

 

収益を得られる

小学生・中学生・高校生はバイトをできない方がほとんどだと思います。

ブログでは、最初のうちはほとんど収益を得られませんが、継続して書き続けていくと、学生でも収益を得られるようになります。

 

継続する力がつく

ブログをたくさんの人に見てもらうには、質の高い記事を継続して書き続けなければなりません。

ですので、ブログを書き続けることで、継続する力をつけることができます。

継続する力は学生の間でも、社会に出てからもさまざまな場面で役に立ちます。

 

・文章力が上がる

・語彙力が上がる

・知識が深まる

・収益を得られる

・継続する力がつく

これらのことから、僕は学生こそブログを書くべきだと思います。

この記事がブログを始めようか迷っている方の参考になれば幸いです!