【2022年最新版】超人気DJ、Martin Garrix(マーティンギャリックス)人気曲20選 EDM おすすめ曲 EDM DJ

こんにちは、neoです。

今回の記事では、数々の名曲を生み出し、世界DJランキング「DJ MAG TOP 100 DJs」で三年連続で1位に選ばれた超人気DJ、Martin Garrixの人気曲を20曲紹介します。

Martin Garrix - Animals

まず最初に紹介するのはAnimalsです。

Martin Garrixが超人気DJになるきっかけとなった曲です。

YouTubeでは驚異の15億再生。

また、この曲を作った当時、Martinは17歳だったと言うことにも驚きです。

個性的なサウンドがクセになりますね。 

 

Martin Garrix, Matisse & Sadko - Forever 

ロシア出身のDJ/producer、Matisse & Sadkoとのコラボ曲、Forever。

エモーショナルなプログレッシブハウス(Progressive House)の曲になっています。

ミュージックビデオの、広大な自然を走り抜けるバイクとこの曲の疾走感や美しい雰囲気が最高にマッチしています。

 

Martin Garrix, Matisse & Sadko feat. Alex Aris - Mistaken

Matisse & Sadkoとのコラボ曲で、Alex Aris をフィーチャーしたMistaken。

MartinのエモーショナルなメロディーとMatisse & Sadkoの美しいサウンドがマッチし、とても美しい曲になっています。

 

Martin Garrix & Bebe Rexha - In The Name Of Love

アメリカのシンガーソングライター、Bebe Rexhaとのコラボ曲、In The Name Of Love。

ULTRA MUSIC FESTIVAL2016のセットではじめて流され、その後リリースされました。

この曲はEDMの中でもFuture Bassというジャンルで、ゆっくりとしたテンポで美しく、EDMをあまり聴かない人にも聴きやすい曲です。

 

Martin Garrix & Dua Lipa - Scared To Be Lonely

イギリス出身のシンガーソングライター、Dua Lipaとのコラボ曲、Scared To Be Lonely。

Dua Lipaの力強い歌声とMartinのエモーショナルなメロディーがマッチし、落ち着いた美しい曲になっています。

 

Martin Garrix & Tiësto - The Only Way Is Up 

Martinの小さい頃からの憧れであり、DJ界のレジェンドである、Tiëstoとのコラボ曲、The Only Way Is Up。

ミュージックビデオからMartinとTiëstoの仲の良さが伝わってきますね。

 

Martin Garrix feat. Bonn - High On Life 

スウェーデン出身のシンガーソングライター、Bonnをフィーチャーした、High On Life。

ミュージックビデオのライブ映像は迫力満点です。

 

Dimitri Vegas, Martin Garrix, Like Mike - Tremor

ベルギー出身のDJデュオ、Dimitri Vegas & Like Mikeとのコラボ曲、Tremor。

最高にかっこいいビッグルーム(Bigroom)の曲で、ビッグルームを代表する曲の一つです。

 

Martin Garrix & Firebeatz - Helicopter

オランダ出身のDJデュオ、Firebeatzとのコラボ曲、Helicopter。

こちらもビッグルームというジャンルの曲で、ドロップでは最高に盛り上がります。

 

Martin Garrix - Pizza

Pizzaは美しいプログレッシブハウスの曲で、世界最大級のEDMフェス、TomorrowlandでMartinのセットの最後に披露されました。

壮大で美しく、そして盛り上がる素晴らしい曲です。

 

Martin Garrix feat. Khalid - Ocean

アメリカ出身のR&Bアーティスト、KhalidをフィーチャーしたOcean。

落ち着いた優しい感じがクセになります。

 

Martin Garrix & Third Party - Lions In The Wild 

イギリス出身のDJデュオ、Third Partyとのコラボ曲、Lions In The Wild。

MartinとThird Partyのそれぞれの特徴がよく表れた疾走感のあるプログレッシブハウスの曲になっています。

 

Martin Garrix feat. Bono & The Edge - We Are The People

アイルランド出身の超人気ロックバンド、U2のボーカル、Bonoと、同じくU2のギタリスト、The EdgeをフィーチャーしたWe Are The People。

この曲はUEFA EURO 2020のテーマソングでしたが、コロナウイルスの影響で、大会が2021に延期されたため、2021年にリリースされました。

 

Martin Garrix feat. Bonn - No Sleep

スウェーデン出身のシンガーソングライター、Bonnをフィーチャーした、No Sleep。

比較的落ち着いた雰囲気のプログレッシブハウスで、美しいメロディーに癒されます。

 

Martin Garrix & Dean Lewis - Used To Love 

オーストラリア出身のシンガーソングライター、Dean Lewisをフィーチャーした、Used To Love。

ゆったりとしたテンポの曲ですが、明るい雰囲気で、とても聴きやすい曲です。

 

Martin Garrix - Now That I've Found You (feat. John & Michel)

スウェーデン出身のシンガーソングライター、John Martinと、同じくスウェーデン出身のシンガーソングライター、Michel ZitronをフィーチャーしたNow That I've Found You。

落ち着いた雰囲気で曲がはじまりますが、ドロップでは最高に盛り上がります。

 

Martin Garrix - Yottabyte

YottabyteはTomorrowland2018のイントロとして使用されました。

オルゴールの音が特徴の曲です。

 

Martin Garrix - Access

AccessはもともとChinatownと呼ばれていました。

独特な世界観とMartinらしい美しいメロディーが特徴です。

 

Martin Garrix - Forbidden Voices

Forbidden Voicesはキラキラしたサウンドが特徴です。

ミュージックビデオでは、Martinの過去の様々なライブ映像を見ることができます。

 

Martin Garrix & Shaun Farrugia - If We'll Ever Be Remembered

マルタ出身の歌手、Shaun Farrugiaとのコラボ曲、If We'll Ever Be Remembered。

どこか懐かしさを感じさせるような美しい曲になっています。

 

 

Martin GarrixのCD

www.qoo10.jp 収録内容

1.ソー・ファー・アウェイ with デヴィッド・ゲッタ feat.ジェイミー・スコット & ロミー・ダイヤ

2.ゼア・フォー・ユー with トロイ・シヴァン

3.スケアード・トゥ・ビー・ロンリー with デュア・リパ

4.イン・ザ・ネーム・オブ・ラヴ with ビービー・レクサ

5.ドント・ルック・ダウン ft.アッシャー

6.ピザ

7.バイト

8.フォーエヴァ

9.トゥゲザー ft.マティッス & サドコ

10.ホールド・オン with ビリーヴ ft.ザ・フェデラル・エンパイア

11.WIEE ft.メスト

12.サン・イズ・ネヴァー・ゴーイング・ダウン ft.ドーン・ゴールデン

13.スポットレス ft.ジェイ・ハードウェイ

14.ウェルカム ft.ジュリアン・ジョーダン

15.メイク・アップ・ユア・マインド ft.フローリアン・ピカソ

16.スケアード・トゥ・ビー・ロンリー (Brooks Remix)

17.スケアード・トゥ・ビー・ロンリー (アコースティック・ヴァージョン)

18.ゼア・フォー・ユー (バリ・バンディット・リミックス)

19.ソー・ファー・アウェイ (オスリン・リミックス)