現役高校生が教える!高校生におすすめの勉強場所6選

f:id:neo32:20220208230423p:plain



こんにちは、neoです。

 

高校生におすすめの勉強場所を知りたい

集中して勉強できる場所を知りたい

 

そんな方のために今回の記事では、現役高校生の僕が「高校生におすすめの勉強場所」6個紹介します。

 

ずっと同じ場所で勉強するのってしんどいですよね。

 

勉強場所を変えるだけで、気分転換になり効率がかなり上がることもあります。

 

この記事を読んで、自分のお気に入りの勉強場所をみつけましょう!!

 

 

高校生におすすめの勉強場所6選

カフェ・ファミレス

f:id:neo32:20220110092044j:plain

カフェやファミレスならおいしい食べ物を食べながら、おいしい飲み物を飲みながら勉強することができます。

 

おいしい食べ物や飲み物があるだけでやる気出ますよね!

 

また、カフェやファミレスの適度な雑音には、勉強パフォーマンスを高める効果があるという研究結果があります。

 

そのため、質の高い勉強をすることができるのです。

 

さらに、コーヒーに含まれるカフェインには眠気を覚ます効果だけでなく、集中力を高める効果や記憶力を高める効果もあるため、カフェでコーヒーを飲みながら勉強するのはとても効率のいい勉強法なのではないでしょうか。

 

ですが、周りの方に迷惑をかけないように、「混雑時を避ける」「過剰な長居はしない」など、マナーに気を付けて利用する必要があります。

 

メリット
  • 適度な雑音でパフォーマンスアップ
  • おいしい食べ物を食べながら、おいしい飲み物を飲みながら勉強できる
  • リラックスして勉強できる

 

デメリット
  • お金がかかる
  • 長時間使用できない

 

 

図書館

f:id:neo32:20220112231725j:plain

図書館は誰でも使用しやすく、静かで勉強している人も多く、勉強に適した場所です。

 

さらに、無料で使用できるのでとても便利ですね!

 

ですが、静かすぎると逆に集中しづらかったりもするので、静かすぎるのは苦手という方はご注意ください。

 

また、多くの図書館は飲食禁止ですので、昼食時や軽食を食べるとき、一旦外に出ないといけないのが少し面倒です。

 

メリット
  • 静か
  • 勉強や読書などに集中している人が多く、モチベーションが上がる
  • 無料で使用できる
  • 長居できる

 

デメリット
  • 飲食禁止の場合が多い
  • 静かすぎて集中しづらい

 

 

塾・予備校の自習室

f:id:neo32:20220112234549j:plain

塾や予備校は、勉強するための場所です。

そのため、長時間使用することができますし、何より講師にすぐに質問できるという大きなメリットがあります。


このほかにもたくさんのメリットがあるので、すでに塾や予備校に通っているという方はどんどん利用していきましょう。

 

ですが、塾や予備校に通おうと思うと、高額な費用が必要になるというデメリットがあります。

 

メリット
  • 講師にすぐに質問できる
  • 周りも勉強しているので、自分も頑張ろうという気になれる
  • 長時間使用できる
  • 勉強のための場所だから集中して勉強できる

 

デメリット
  • 通うには高額な費用が必要

 

 

f:id:neo32:20220113230727j:plain

家はリラックスして勉強したいという方に適した勉強場所です。

 

家の中でも、「自分の部屋」「リビング」など様々な場所で勉強できるため、気分転換をしながら勉強できます。

 

ですが、家にはゲーム機、テレビ、パソコンなど、誘惑となるものがたくさんあるため、誘惑に弱いという方にはあまりおすすめできません。

 

メリット
  • リラックスして勉強できる
  • 移動する必要がない
  • 周りの目を気にする必要がない
  • 家族に質問できる

 

デメリット
  • 誘惑となるものがたくさんある

 

 

学校

f:id:neo32:20220113233213j:plain

学校に自習用の教室がある、学校が始まる前の朝や放課後に教室を使える。そんな高校は多いのではないでしょうか。

 

朝早く学校に行って勉強すれば静かな教室を使えますし、時間を有効活用することができます。

 

忙しい高校生だからこそ、少し早く学校に行き勉強するという習慣をつけることで、周りのみんなと差をつけられるのではないでしょうか。

 

メリット
  • 学校だから移動の必要がない
  • 他に誰も残っていない場合静かなところで勉強できる
  • 無料で使用できる

 

デメリット
  • 平日しか使用できない

 

 

電車・バスなどの交通機関

f:id:neo32:20220115095726j:plain

高校生の場合、電車やバスなどの交通機関を使用して学校に通っているという方も多いのではないでしょうか。

 

ちなみに、高校生通学時間(往復)の全国平均は87.0分。

これだけの時間を無駄にするのはもったいないです。

 

電車やバス内で、数学などの書かないとできない教科をするのは難しいので、英単語や古文単語などの暗記教科やスマホを用いての勉強をするのがおすすめです。

 

決して勉強がしやすいわけではありませんが、高校生はとても忙しい時期なので、登下校の移動時間をうまく使うことが、学力アップのカギになります!

 

メリット
  • 時間を有効活用できる
  • 毎日勉強時間が確保できる

 

デメリット
  • 書かないとできない教科はやりづらい

 

 

おすすめ記事

neo32.hatenablog.com

neo32.hatenablog.com